2012年07月29日

OSX Mountain LION の素晴らしさについて

OSX Mountain LIONからテストツイート送信してみたところ。快適快適ツイートが楽しくなる!

設定は、「システム環境設定」-「インターネットとワイヤレス」-「メール連絡先カレンダー」の中で
Twitterアカウント追加すればいいだけ。しかも、siriで音声入力できるからラクチン !
あっ、設定後、再起動してからでないとOSX Mountain LION の通知センター内にボタンが表示されません。
ご注意ください!
また、iPhoneのユーザーインターフェイスが多少なりとも反映されているので設定に多少時間はかかるが一度設定してしまうと非常に使いやすく簡単になりますね。

OSX Mountain LIONからsiriで音声入力できるようになった。すると、快適快適ツイートが楽しくなる! OSX Mountain LIONのsiri音声入力だと普通の距離でもMacOSの画面に話しかけるだけでも認識してくれる。凄い!
設定は、「システム環境設定」-「システム」-「音声入力と読み上げ」の中から、音声入力の「入」ボタンをポチッとするだけ!

OSX Mountain LIONの「メール」ソフトでアカウントを追加するとiPhoneの通知センターと見間違うくらい。他の端末(iPhoneとiPad)間とシームレスに統合されていて非常に便利です。
この通知機能が十分ではない(ポップアップ表示も不安定)ので、他のメールアプリなどに通知orポップアップ表示機能がつけば、もっとよくなるかも?今のところ純正メールアプリをもっと使いやすくしてほしいな。

と思い調べてみると。OSX Mountain Lionの通知センターを利用できるのはMac App Storeで配信されているアプリだけ。そこで、他のアプリを探すとGrowlというのがある。これはそのほかのアプリケーションと通知センターの橋渡し役になり得るらしい。
どうやら、OSX Mountain LIONは全体的に通知機能のポップアップの始動は、iPhoneみたいにプッシュ配信ではないため?iCloudメールアドレス限定の機能?かな、アプリケーション起動を行わないと反映されない可能性があります。アイコンパッチがでるだけ。

通知センターの表示方法は、一番右上にあるアイコンマークをクリックで開閉できます。

他には、「システム環境設定」-「MissionControlnol」のホットコーナーでお好きな四隅にマウスを持ってくだけで表示できる方法もあります。これは便利。

さらに、キーボードからショートカットボタンを設定したければ、「システム環境設定」-「キーボード」のキーボードショートカット内のMissionControlnolから「通知センターを表示」にチェックマークを入れて、設定したい新しいキーを押すor割り当てると設定されます。

<関連サイト>
OS対応AppStore有料アプリ - Growl
posted by blogseesaa at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneApple | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。