2010年10月26日

AppleSpecialEvent - 2010 October 20

「Back to the Mac」という名前のイベントでした。

iLife11のメジャーバージョンアップとMacbookAirなどの発表が印象に残りました。


バッテリー持続時間がMacBook Airの最大7時間(13インチモデル)と最大5時間(11インチモデル)で

スタンバイ時間が最大30日間持続できるようになった。

CPUは、一世代前のCore 2 Duoを採用。店頭モデルは1.4GHz。

ストレージの容量は64GBと128GBと選択可能になっています。


さて、インスタントオンが非常に気になり即AppleStoreでチェックしたところ

体内時計での測定ですが起動時間がなんと10秒足らずで完了してしまうのには驚愕です。

iPadの起動時間とほぼ変わらないではないですか!また、再起動もスピードは変わらず!

SSDの高速さが実感できる体験を与えてくれ非常に後悔しています。

iPadではなくMacbookAir11インチモデルを購入すればよかったーーーーーー。

と一瞬思ったけれど、あまり現状は必要ないのですぐに気持ちを切り替えました。


さらに、大きさもiPadとほぼ変わらないし、iLife11もついててプログラミング入力するのに違和感なし。

価格は88,800円から。11インチはMacbookMiniと言っても過言ではありません!

iPadの64GBモデルに少し金額を上乗せすれば購入できてしまうMacbookAir11インチモデルは

ASUSなどのネットブックに対抗するためのもののような気がしますね。

posted by blogseesaa at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneApple | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167295385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。