2011年05月12日

Google I/O 2011 - Chrome Web Store

Google I/O 2011にて発表!今のところは米国のみ。

去年Chrome Web Storeが発表されましたが、これはChrome用のアプリケーションや機能拡張を購入できるということです。Firefoxにも、アドインという形でこういうのあります。

それから、Google I/O 2011にてChrome Web Store の対応言語が日本語を含めて41言語で利用が可能になります。また、新機能として、Chrome Web Storeの決済機能をウェブアプリ内でも簡単に利用できるようになりました。

決済機能はJavaScriptをたった1行追加するだけで利用できるらしい。決済手数料は5%です。つまり、開発者の方に95%は入ってくることになります。

<参考記事>
Chrome Web Store がアプリ内決済に対応、手数料は5%
posted by blogseesaa at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Googleの携帯Anaroid | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200719242
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。