2011年11月11日

iCloudの凄さについて

iMessageから

iOS5のiMessageはiPhone間では電話番号同士で可能。凄い!iMessageは使える!

iPad、iPodTouchへの送信

はじめに、受信側で「設定」-「メッセージ」-「iMessage」のチェックボックスを「オン」にする

次に受信側で「設定」-「メッセージ」-「受信用宛先」内で「Apple ID」を入力してメッセージ着信用の連絡情報欄にApple IDと同じ「メールアドレス」を登録すれば端末が自動で判断して受信します。

そして、iPad、iPodTouchへの送信は、受信側で設定したApple IDのメールアドレスへ送ればいい

続いてiCloud

iCloudって軽い!はやっ!wi-fiでつなぎっぱなしにしておくと〜メモも入力してもすぐにリアルタイムで更新されていくこの感じはワクワクと楽しくなってきます。しかも、すべて暗号化されてやりとりされる!

iOS5に変えてからiCloudは快適。しかし、iPhone3GSではTwitterアプリが落ちやすくて使いずらいから改善してくれ!

iCloudは書類でもiPhoneやiPad間では自動同期してくれる。スティーブジョブスはとんでもない遺産を残してくれた。楽だ〜。ただし、ベータ版なのでWindowsやMacからはiCloud.comにアップード、ダウンロードが必要

そして、メールならiCloudにもメールアドレス創れる同様の機能あるからこれ使えばレガシーシステムの携帯メールではなく、クラウドのWebメールにすれば各社端末間のメールアドレスは統一可能となります。Gmail同様の感覚で使いこなせます。

さらに、iPhoneやiPadはiOS5から単独でアップグレードできるようになった。今回iOS5.0.1から可能に!

手順は「設定」-「一般」-「ソフトウェアアップデート」の「ダウンロードしてインストール」をタップ!容量も数十MBになり軽くなった!

iPhoneのアップグレードがずいぶん手軽になった〜と実感!さらにiPhoneの単体アップグレードには無線LANでつながってる必要があります。

この無線LANからインターネット経由でiCloudへ直接リンクするから単独アップグレードが可能となります
posted by blogseesaa at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneApple | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。