2012年10月20日

TED アンソニー・アタラ 「臓器を印刷する試み」



TEDにて

アンソニー・アタラ 「臓器を印刷する試み」

(表示されない場合は上記リンクからどうぞ)

外科医であるアンソニー・アタラが、未来のいつかどこかで臓器提供者の問題を解決するかもしれない初期段階の実験を披露します。

生きた細胞を活用し、3Dプリンタによって移植可能な腎臓を立体的に出力するのです。

10年前、アタラ博士の若い患者ルーク・マセラはこれと似た技術を使って出力し作られた膀胱を移植しました。今まさに、ステージにその彼が登場します。

10年前には、ES幹細胞である可能性が高いのですが、現時点では、iPS幹細胞とES幹細胞。どちらが使用されているかは不明です。
posted by blogseesaa at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298223451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。